今年度最後の公式戦となる、アルインコカップ 第29回大阪市ミニバスケットボール大会が本日より開始。大阪市内70超のチームが参加する大会です。夏と冬にある大阪市大会。今年は5日間にわたって熱戦が繰り広げられます。

1回戦の結果

トーナメント戦です。
対戦カードはこんな感じ。

DSC_0033

次女のチームは1回戦からの参戦。シードされているチームは4回戦から参戦できます。4回戦はベスト16同士の対戦ってことです。

対 今川小学校戦 20対35 勝ちました!
シードもなく1回戦から戦います。

僕の記憶ではたぶん初対戦の今川小学校との対戦。

前半から少しずつ点を取りつつリードする展開。久しぶりに安心して観戦できました。

点差が開いた第4クォーターは途中から6年生4人すべてを出場させる采配。6年生4人が一緒のコートに出て戦うの初めてじゃあないかな。

もうすぐ卒業を控えている6年生にとっては最後の公式戦、こんな形で出場できる機会がもっとあればいいのにね。

親目線の観戦

4年生の次女は第1クォーターのみ出場。

今日は今年一番の出来っていうくらい、よく走れてました。

速攻でのシュートチャンスが3回ほどありましたが、決まりませんでした。1回目はパスに追いつけませんでしたね。あと一歩。

2回目は同じような速攻の形で、パスのタイミングもばっちりでシュートしましたが惜しくもリングにはじかれました。

3回目は、相手ディフェンスも追いついてきたので横にフェイントしましたが止められてしまいました。残念!

ディフェンスでも、しっかりと走って相手の速攻を体を張って止めていました。

前回の試合でまったく走れていなかったのと比べると、別人のようでした。

最近の練習でも、しっかり走るように指導されているようで、相手のシュートがはじかれて味方がリバウンドをキャッチすると同時に走り出していました。
走るって言っても、コートのどの位置を走るかってことも厳しく言われているようで、素人の親目線から見ていても、今日はいい感じで走っていたと思う。

今までは走り出すタイミングが遅かったり、味方のパスに気づかなかったりしていましたが、ばっちりのタイミングで走り出していました。

だから味方からパスも出してもらえるしシュートチャンスも生まれてたんですよね。

僕的には上々の出来だったのですが、次女としてはライバルの同級生が2回ほどシュートを決めていたので、ちょっと悔しそうでした。

次の週末も試合

1回戦突破したので、次の土曜日に2回戦。それに勝ったら翌日の日曜日に3回戦と4回戦行われます。どちらも会場は舞洲の府民共済スーパーアリーナ

親的には何とか4回戦まで行って、ここのところ負けている茨田南さんと対戦してほしい。

勝っても負けても、今日みたいにしっかり走れば次につながるぞ!